ありあけの四季

2018年7月5日

 水田よ 濁るる水を 清めては
  夕日を待ちて 張り詰めたるか

 水田に まなざし定め 鷺一羽
  何を待ちしや 何を問いしや

 

 水田の あぜがつながる あぜ道に
   夕日落ちたり 絵画のごとく

 


 

トップページに戻る